カテゴリ:BESSA-R( 6 )
運動会
b0045044_1721151.jpg


bessaR + CS35mm

今更って感じですが。。先月行われた運動会のときに撮ったフィルムようやく現像出しまして。。
いい天気だったんだな。なーんて またまた思い出してみたり。

それにしても いまどきの運動会。観覧者が持つのは高性能デジカメorビデオ
はたまたでっかい望遠レンズ付き一眼レフ。。。

35mmレンズつけたRF機持ってきてる人なんて まずいませんワ。私ぐらいしか;
この写真だって 私にはわかりますよ 我が子がどこにいるか。私にはね。
我が子を撮ったんですもの(笑)

そして・・・
[PR]
by varex | 2006-10-13 17:09 | BESSA-R
ハヤタカメラ・ラボ
b0045044_823417.jpg


bessaR + CS35mm

ベッサぼ距離計が どうもずれている気がする・・・という話を書いたら
「ハヤタカメラ・ラボ」で調整してくれる という情報をいただいた。
すぐに 行きたい気持ちはヤマヤマですが
お店は花のお江戸 浅草にあり。
田舎住まい故 ぴゅんっと飛んでいくこともできず。

実は 先週時間を作って ベッサ持込の予定でいたのだけど
体調不良 その他もろもろで計画は中止に。

でもいつか 近いうちに 可愛いベッサ君のためにも
浅草ハヤタカメラ・ラボ詣でに 行ってきたいと思ってます。

お店のホームページを見るにつけ その気持ちが強くなります。
ベッサつかいなら 絶対一度は行っておかねば! な お店ですね。

電話での応対もとてもいい感じでした。

ハヤタカメラ・ラボ
[PR]
by varex | 2005-10-10 08:34 | BESSA-R
思いやり
b0045044_22111150.jpg


bessaR + CS35mm

ちょっとびっくり・・・な反応がありました。↓の記事に対して。
私の書き方が悪かったんでしょうね。
そうゆう人を否定し、責めているように感じ取られたのかも。
私の友人・知人の中に、そうゆう人が何人かいて、無用の気遣いは疲れる・・・
と、私は感じていて。
ただ、相手に対して嫌悪感を持っているわけでもなく、今後も付き合いがあるからこそ
面と向かって言えない、小心者の私の独り言。
その対象者は、このブログを読まないだろうと思われる人だから書いたのだけど。

「自分のことを書かれている」と思った方は
自分が思うところの「思いやり・気遣い」が、相手を疲れさせているという
自覚でもあるのでしょうか。
それとも、「なんで自分の思いやりで相手が疲れるんだろう?」と思っているのでしょうか。
相手を疲れさせたり、困らせたりする行為が、「思いやり」のわけはありません。
単なる自己満足の押し売りです。
「あなたのためにしてあげる」なんて、自分がしたいからしているだけのことであって、
相手が本当に望んでいることなのか。

周りの人にも、当の本人にさえ気づかれないくらいさりげなく、カタチのないもの。
正解を出すことよりも、その人の立場・心情を考え、相手を思う。
そうゆうことが、私の考える「思いやり」です。

人それぞれ、考え方が違いますから、いろんな「思いやり」があってもいいんだろうけど。
ま、「思いやり」こそ、私に最も欠如している部分だとも思うのだけどね。
こんなこと書くと、また友達減るだろうな~(笑)
[PR]
by varex | 2005-09-11 22:50 | BESSA-R
距離計が・・・
b0045044_17585972.jpg


bessaR + CS35mm

今ごろヒマワリ写真ってのもなんですが・・・。
ベッサに入っていたフィルムをようやく現像したので。
1本撮りきるのに、3ヶ月くらいかかってました;

最近、あまり写真を撮ってなくて、撮るとするとエキザクタを使っちゃうし。
そのせいなのか・・・・。ベッサ君はご機嫌ナナメ。
距離計が、おかしい。
前からちょっと、微妙にズレてると思っていたのだけど
今では完全に。
2重像合致なんて、全然合致しません!
もう、全部目測です(笑)

レンジファインダーではよくあることなんだそうだけど。
よくあることと言われても、私には直せないし。
修理に出したほうがいいのかな。

でも、35mmを使うには、それほど不自由感じないのよね。
目測の練習にもなるし、このまま使うかな。
修理代ないし(笑)
[PR]
by varex | 2005-09-07 18:06 | BESSA-R
ベッサRの愉しみ
b0045044_20254424.jpg
『スナップシューター』
ベッサRのカタログには、こうキャッチコピーが載っている。
小型軽量で携帯性に優れ、明るいビューファインダーと距離計連動式でのすばやいピントあわせにより、決定的瞬間を逃さない。
という、メーカーのうたい文句。
確かに小さく軽量で持って歩くには便利。
ファインダーも明るく、二重像合致式はピント合わせもわかりやすい。
ただね・・・・、私にとってははじめてのマニュアルカメラ、なかなかすばやいピント合わせ・・・とはいきません;
普通RF(レンジファインダー)機は、被写体との距離を目測で、ピントレバーの位置でレンズの距離目盛りを決める・・・・らしいです。
ファインダーでピント合わせするまでもなく、構えたら即撃つ!もとい、撮る!
ま、これはプロやプロ級の人のお話で、なかなかこうはできません。
私もなるべく目測してからピント合わせるように努力はしてますが、難しい;
でも、もちろん決定的瞬間を逃すことは多いですが、モタモタしながらもスナップの愉しみは味わる。
軽いし、一眼レフのようなミラーショックもないし、手ぶれすることはほとんどない。(わりと低速でも)。
なにより、ベッサRにはTTL露出計が内蔵されている!
これは初心者には強い味方。露出の失敗がほとんどないので、安心してリバーサルフィルムが使えます。

今のところ、私はベッサR以外のRF機を使ったことがないので、他機種との比較はできないのだけど、
RF機をはじめてみようかな、と思う方には、最適種だと思います。
一眼レフに押されて、次々RF機製造から撤収していった他の国産メーカーに比べ、
ベッサシリーズを次々発表しつづけるコシナ社の姿勢がなにより好きです!
[PR]
by varex | 2004-10-28 20:27 | BESSA-R
レンジファインダーって?
b0045044_19332613.jpg
雑誌の記事をきっかけに、私のカメラ欲はレンジファインダー機に向けまっしぐら。
まずは『レンジファインダー』とは何かを知らなくては。

レンジファインダー=距離計連動式カメラ

カメラボディに距離計が組み込まれていて、レンズの距離リングと連動させてピントを合わせる仕組みになっている。
レンジファインダー機の代表的カメラが、かの『ライカ』だ。
一眼レフとの決定的な違いは、そのファインダー像の明るさ、美しさ。
一眼レフはレンズを通して見た被写体がそのままファインダーに見えるのに対して、
レンジファインダーのファインダーは透視ガラス窓。
なので、一眼レフのファインダーに比べて、とても明るく、開放感がある。
シャッターを切ったときのブラックアウト(一瞬真っ暗になる)もない。
本当に、自分の肉眼で見た感覚でカメラのシャッターを切ることができる。
ファインダーとレンズ位置の違いから、ファインダーでのフレーミングと実画像とにズレが生じたり(パララックス)、一眼レフのようにファインダー内でボケ具合を確認したりできなかったりと、難点もある。
でも、私にとっては、これらはたいした難点ではなく、それよりこのファインダーの明るさに
駆動力の良さに、コンパクトさに、すっかり魅了されたのでした。

さてさて。
レンジファインダーにも各社からいろいろ出ていて(一眼レフに比べると少ないですが;)
このときの私の選択肢の第一条件はやはり価格。
ライカは問題外に手の出るシロモノではないし(笑)
CONTAXのコンタックスG2、KONICAのHEXAR RF、そしてCOSINAのベッサシリーズ。
値段から、COSINA。第2条件のルックスでBESSA-Rに決定。
もちろん、カタログをあれこれ見比べて、いろいろ調べた上での決定ですが。
カメラボディBESSA-R + カラースコパー35mmのセット。
現行品ではありましたが、カメラ屋さんの新古品を割安値で入手することができ、
いよいよ私のレンジファインダー写真道がスタートしたのでした。
[PR]
by varex | 2004-10-27 20:06 | BESSA-R