カテゴリ:EXAKTA varex( 21 )
Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35
b0045044_1750296.jpg

Exakta vx + Flektogon 2.8/35

我が家のカメラ庫に新顔が仲間入り。
ツァイスのフレクトゴン35mm。オークションで落札♪
エキザクタに35ミリをつけて撮ってみたくて、出物を探していたのだけど
ちょうど良いタイミングで落札できました。お値段もまぁまぁ。

なかなか新しいレンズでの撮影をする時間がないのですが、先日ちょこっと
近所で試し撮り。レンズが変わっても相変わらずのフレア三昧(笑)
ま、それはおいといて。
このレンズ、落札したのはいいけれど、届いてみたらちゃんとシャッターが切れない!
なんでだー?!と、あれこれいじくってみたのだけど、どうもシャッターボタンがずれている。
そのせいでシャッターが切れないんだ!
・・・・・無知の思い込み。
原因はね、全然違ったんだけど(笑)
いろいろ多方面に問い合わせして、皆様にご迷惑おかけしてしまいましたが、
無事、ちゃーんと使えるようになりました。

ドタバタのはじまりだけど、なかなかおもしろいレンズです。最至近で36センチまで
寄れるので、マクロ的に使えるし、使いこなせれば、楽しそう。
しばらくは、エキちゃんにフレクトゴンをつけて、写真散歩を楽しみます♪
[PR]
by varex | 2005-05-24 18:04 | EXAKTA varex
桜 その2
b0045044_22101982.jpg

今日、エキちゃんで撮った2本目の桜写真のフィルムが現像上がったのだけど・・・。
なんとフィルムが途中ではずれてしまったようで、ちゃんと巻き上げられておらず、
ほとんど撮れてなかった・・・・・・・・・・・・。
あぁ、なぜ何度も同じ失敗をしてしまうのだろう。。。
ショックです。
2本目のときの桜の方が満開でキレイだったのになぁ。
残念!!

この写真は1本目のエキちゃん写。
4月8日の桜。
[PR]
by varex | 2005-04-19 22:17 | EXAKTA varex
b0045044_16283912.jpg


exakta VX 2a + Steinheil Culminar2.8/85mm

桜前線は、今東北あたりにまで北上したのでしょうか。
私の住む地域でも、セメイヨシノはほとんど終わり。あちらこちらで花びらの
吹き溜まりができています。
昨日の日曜日はお天気もよく、最後の花見日和だったようです。
市内の桜名所は大勢の花見客でにぎわっていました。

名所・・・と言われる場所まで出かけなくても、桜ってけっこうたくさん植えられて
いるんですよね。
小さな児童公園や、学校や、個人宅のお庭や、街路樹として。
市内を車で走っていると、どこからともなく桜の花びらが飛んできます。
フロントガラスにピタッと貼り付いたりして。
他のものが貼り付いたら、むっとするのに、桜の花びらだとなぜか嬉しくて(笑)。
そろそろ桜シーズンも終わりだけど、今年もまたキレイな桜を見ることができて
シアワセでした。
[PR]
by varex | 2005-04-18 16:43 | EXAKTA varex
85mmレンズ その2
b0045044_20115383.jpg


EXAKTA VXⅡa + Steinheil Culminar2.8/85mm

また雪が降りました。
それでも「大雪だ!」と騒がれたわりには、昼過ぎにはやんで、今はほとんど
とけてしまいました。良かった・・・。
東京の方がひどかったのかな。雪慣れない都会の方は大変だったでしょう。

さて。写真は今日の雪ではありません。先週・・・だったかしら。
前回の記事で、85mmレンズが使いづらいー。と書きましたら、早速ご指南メールを
いただきました。絞りリングと距離リングが一緒に回ってしまう点について。
 1.全部絞り開放で撮る
 2.ピント合わせられるぎりぎりF値4くらいで撮る
 3.ピント合わせたときの距離値を覚えておいて、絞り込んだあと距離リングを戻す

ま、そんなところすよね。今回撮ったフィルムはそういうわけでほとんど絞り開放です。
でも、このレンズのボケ、私的にはあまり好きじゃない。
根本的に、背景ボケボケ写真って、好きじゃないってこともあるんだけど(笑)
今度はこのレンズでもう少し絞り込んだ写真を撮ってみよう。
できるかな・・・。
[PR]
by varex | 2005-03-04 20:23 | EXAKTA varex
85mmレンズ
b0045044_19161777.jpg


EXAKTA VXⅡa + Steinheil Culminar2.8/85mm

先週、近所の公園で撮った梅の写真ができました。
年末に降った大雪で折れた枝が痛々しい。それでも枝先には可憐な花を
咲かせていました。樹ってたくましい。

ところで、この写真は2台目のエキザクタと一緒にやってきた85mmの単焦点
望遠レンズで撮りました。
85mmって・・・・正直どういう写真を撮るのに使えばいいのかわかりません;
よくポートレート向きとか言うけど、ポートレートってもっと明るいレンズを
使うのじゃないかしら?
だいたいこのレンズ、絞りリング(というのかしら?)とピントリングが一緒に
動いてしまうのよ。
絞り開放の状態でピントを合わせて(絞った状態だとファインダーが暗くて
とてもピントを合わせられません;)、それから絞り込もうとすると、ピントリングも
一緒に回ってしまう。なので、絞りリングを押さえてピントリングを回す・・・。
とても「スナップ」という感じでは撮れません。
どーしたもんでしょうねー。。。
[PR]
by varex | 2005-03-02 19:44 | EXAKTA varex
造形美
b0045044_15422582.jpg

2台目のエキザクタ。仕様面では、いくつかのマイナーチェンジによる違いはあるけれど、
それほど大きな違いではなく、使用感としては1代目と変わりはない。
それではなぜ、わざわざほとんど同じカメラを1台目の5倍もする値段で購入したのか。
単に美品だったから、欲しかったレンズがついていたから・・・・ではありません。

1台目との大きな違いは、このボディ前面の『Exakta varex Ⅱa』のロゴ。
これが美しいレリーフになっているのです。
全体のバランス、このレリーフのロゴ。気品あふれる見事な造形美です。

カメラは写真を撮るための道具。装飾品ではありません。
発売された当時は、確かにカメラは高級品だったと思います。
それでも、華美な装飾ではなく、使い勝手を考えた上での造形美。
このカメラを開発した製作者の感性に、とても心惹かれます。

使い捨てられていくものに、美しさを感じません。
飾っておくだけ、しまっておくだけのものには魅力を感じません。
使ってこそ輝く。”道具”の持つ美しさが好きです。
だからこそ、大切に使いたい。守っていきたい。受け継いでいきたい。
そういう気持ちになるのですよね。
[PR]
by varex | 2004-12-20 15:45 | EXAKTA varex
2台目のエキザクタ
b0045044_21592950.jpg

エキザクタを使い始めて数日後、カメラの裏蓋を繋いでいる蝶番の軸が
少しズレていることに気がついた。
知人に見てもらったところ、この軸を留めるはずのネジが欠落しているのだという。
なので、戻してもまたすぐズレ落ちてきてしまう・・・。
とりあえず、この軸に合うとめネジを探してしっかり留めてもらったので、
事なきを得たのだけど。なにぶん、古いカメラだから・・・・。これからもきっと
こういう欠損や欠落個所が見つかる可能性も大いにある。

「こりゃー、修理用にジャンクでいいからもう一台買っておこうかな。」

こんな考えが浮かぶってことは、もうすでに私がクラカメウィルスに感染してしまった
証なんだそうな(苦笑)
そうしてまた、オークションページを漂う日々。
そして!なんと。出会ってしまったのですよ。
ずーっとずーっと欲しかったタイプのエキちゃんと。
しかも、今度のはちゃんとOH済み。ビオターとシュタインハイルのレンズ2本付き!
ジャンクを探していたはずが・・・・。
最初のエキちゃんのおよそ5倍のお値段・・・・・。
でも、でも、このタイプは2度とめぐり合えないかもしれない。
このオークションページで見つけられたのは、「買うべし!」という運命なんだワ。

などと・・・・まったく何の根拠も論理的裏付けもなく、自分に思い込ませ
見事、オークション落札してしまいました。
あぁ、、、、私もついにカメラバカになってしまったのか・・・・。
[PR]
by varex | 2004-12-16 22:00 | EXAKTA varex
私のカメラは左利き その2
b0045044_16124581.jpg


エキちゃんの形態はこの写真のとおり。
シャッター巻き上げレバーは、ほぼ1周ぐるりと回さねばなりません。
左前面にあるシャッターを切ると、ブラックアウト。次に巻き上げるまで
ずっとファインダーは真っ暗なまま。
フィルムカウントダイアルも最初に手動でセット。1回巻き上げるごとにカウントされます。
右側にあるスローシャッターとセルフタイマーのダイアルが・・・・・
これまた不思議。
使い方のレクチャーは一応受けたのだけど、セルフタイマーも12秒なんてスローシャッターも使うことはまずないので; ここは触らないことにしてます(笑)
ということで、ほとんどの操作は左側に集中。よってピントリングは右手で回すことに。

一般的なカメラの操作に慣れてしまっている人は、やっぱり混乱するでしょうね。
私の場合、どのカメラも『体が操作を覚えてる』というレベルではないので
たいした混乱もなく、初めてカメラを持った人と同じ感覚で使ってます。
それと・・・・。実は私も左利き。なので案外すんなり馴染めたのかもしれません。

でもこのカメラ、ファインダーが交換できます。これはアイレベルファインダーなのだけど、
これにウェストレベルファインダーをつけたら・・・・・。
ウェストレベルだと、左右逆像になるのでしょうね。そうなるといっそう混乱しそう(笑)
[PR]
by varex | 2004-12-05 16:27 | EXAKTA varex
私のカメラは左利き
b0045044_1221173.jpg

私の元へやってきたexakta。日本語表記では「エキザクタ」とか「エギザクタ」と
されることが多いけど、発音的には「エクザクタ」が近いらしい。
私は親しみを込めて「エキちゃん♪」と呼ぶのとにした(笑)
exakta varexは世界初のファインダー交換式の一眼レフカメラで、今ある一眼レフカメラの元祖的カメラ・・・らしい。
1950年から製造が始まり、何度かマイナーチェンジを繰り返し、数種類のタイプが作られてきたらしです。
私のエキちゃんは、『vx』の表記、高速シャッター1/1000、1/150があることやフィルムカウントダイアルの仕様などから、おそらく1953年生ではないかと思われます。
ボディ底部には「Made In Germany」の文字とともに「00102」もしくは「00702」の刻印。製造番号でしょうか。
着脱式のプリズムファインダーには「U.S.S.R. occupied」の文字。ソビエト統治下のドイツで作られたものなのですねー。時代を感じます。

さて、このエキちゃん。一眼レフカメラの祖と言われながら、他のカメラとは大きく違う。
普通、カメラは正面から見たとき、レンズはややボディ右よりについてるものである。
内部構造上のことはわかりませんが、右手でしっかりカメラをつかみ易いため・・・・だと思う。
今時の一眼レフカメラだと、ほとんどこの右手位置にグリップがついてますものね。
右手の小指・薬指・中指と親指でしっかりカメラをホールドして、右手の人差し指でシャッターを切る。左手はレンズ下部にあてがい、ピント操作・・・・というのが一般的。

ところが。エキちゃんはボディの中央にレンズがある。なので、シンメトリーの安定感からくる美しさ・気品が感じられるのかもしれない。
エキちゃんの奇異なところは、それだけではない。
なんと、シャッター巻き上げは左。レリーズも左前面。
エキちゃんは・・・・・左利き?カメラなのです。
[PR]
by varex | 2004-11-30 12:04 | EXAKTA varex
エキザクタ 
b0045044_2261941.jpg

オークションで落札したエキザクタvxが到着。
出品者はとても親切な方で、落札が決まった時点のメールで
「エキザクタに長年憧れを持ち、ついに入手の運びとなりましたが、エキザクタで撮影したことがなく、詳しいことはよくわからないので、知ってる範囲のことで教えていただけますか?」
と、正直に自分の現状を伝えました。
出品者の方は、カメラとともに簡単な使用説明・注意事項などを同封してくださいました。
おかげで、フィルムの装填や巻き戻しなど、わかりやすく教わることができました。
ホント感謝。エキザクタ好きに悪人なし。

到着したエキザクタは、さすがに50数年の経年を感じさせる風格ある佇まい。
アタリもスレもありあり。レンズも拭き傷いっぱい(笑)
それでも、「世界一使いにくいカメラ」なんて不名誉なレッテルを貼られることのあるカメラにしては、相当に使い込まれてる。
これまで、何人の人の手を経て私のもとへやってきたのかはわからないけれど、
それなりに、ちゃんとカメラとして働いてきた歴史を感じます。
私も安心して使い込めそう(笑)
一緒についてきた純正の皮ケース。このストラップをカメラにつけかえてみた。
クラカメには、やっぱり皮のストラップが良く似合います♪
[PR]
by varex | 2004-11-28 22:06 | EXAKTA varex