卒業によせて・・・
b0045044_14385482.jpg

Exakta vx + Flektogon 2.8/35

「史上最悪の赤ジャージ軍団」「お荷物学年」
3年前の4月 彼らは職員室でそう呼ばれていました。

長男の通う中学は 近隣3校の小学校が集まる一学年250人ほどのマンモス校。
学年ごとに上履きとジャージのカラーが決まっていて 長男の学年は「赤」
担任や教科担当の先生方も クラス替えはありますが3年間持ち上がりになります。
1年生のときから3年間 この学年担当となた先生方は赤ジャージ軍団と苦楽をともにしてきたわけです。。

とにかく 酷い学年でした。まとまりなく だらしなく 無気力。
伝統ある文化合唱祭でも 「今までで最低。こんなに歌えない(歌わない)学年はなかった。」と。
それでも 先生方は諦めず 根気良く子どもたちと向き合ってくださいました。
日々を追うごとに 徐々に子どもたちは変っていきました。

「自分さえよければ・・」の今時の子どもたち。
それが クラス単位の行事を重ねるたびに 担任の〇〇先生のために!と協力し団結していきました。
3年の体育祭。クラス対抗なのですが 本当に真剣に練習を重ね みな練習以上の成果を発揮して 勝敗は別にその健闘をたたえ合って涙する姿に感動しました。
そして伝統の文化合唱祭。
昨年とは全く別人の素晴らしい歌声。男子もみな真剣に大きく口を開け 会場を揺らすほどの大きく高らかな歌。
毎日朝と放課後練習して クラスみんなでひとつの音楽を作り上げるという作業を通し
より強い絆が結ばれていったのでしょう。
合唱祭に臨むその真摯な姿勢に 下級生たちも保護者も教師たちも みな心地よい感動に包まれました。

昨日の卒業式。卒業生が歌った「旅立ちの日に」は本当に心に響く素晴らしい歌声で。
歌っている卒業生も 保護者も 先生方も みな感動の涙でした。
そしてサプライズ。
閉会の言葉のあと 卒業生退場となったとき 卒業生の中から「ちょっと待ってください!」
卒業生全員が教職員席に向き直り 各クラスごと担任に向け呼びかけ。
どのクラスも最後に「〇〇先生 大好きです!」と。
校長先生も 担任の先生方もみな涙。保護者席も涙涙。卒業生の男子の仲にも何人も泣いてる子が。

どうしようもなかった学年・・・。3年前のこの子たち。
それが こんなにも人を感動させられるまでに成長していました。。。
これも 諦めず根気良く 最後まで子どもたちを信じて指導してくださった先生方のおかげです。
どの子もみな いい顔してました。
本当に学校に先生に恵まれた3年間でした。
親として 感謝の気持ちでいっぱいです。
この中学での3年間が この子たちのこれからの人生の大きな礎になることは間違いないでしょう。
そして こんな素敵な感動的な卒業式を経験できて幸せです。
[PR]
by varex | 2007-03-16 15:05 | つれづれ
<< 蕾 『オーケストラ楽器別人間学』 >>