フレクトゴン その2
b0045044_226363.jpg

Exakta vx + Flektogon 2.8/35

このフレクトゴンというレンズ。
レンズにシャッターボタンがついている。
レンズのシャッターボタンの下にカメラボディのシャッターボタンがくるように装着。
そうすると、レンズのシャッターボタンを押し込むことで、カメラのシャッターが切れる。
これは、レンズのシャッターボタンを押すことで、絞り羽が絞り込まれ、さらに押し込むと
シャッターが切れるような仕組みになっているため。
ようするに、絞り込んでいても、レンズは開放状態のままピント合わせができるのだ。

ビオターやシュタインハイルでのピント合わせに四苦八苦していた私には、まさに有難い機構なのだ。なのだけど・・・・・。
言ってしまえば、シャッターが2段式。これが意外と難なんです。
もともとエキザクタはカメラも重い。レンズも重い。
私の手は小さい。
1段押して、さらに押し込むとき、けっこう力がいるのだ。
縦位置なんかで構えていると、さらに条件は厳しい。
低速でシャッターを切ろうものなら、見事に手ブレ(笑)
やっぱり一筋縄ではいかないもんだなぁ。

指、鍛えよう(笑)
[PR]
by varex | 2005-05-25 22:23 | EXAKTA varex
<< 古傷 Carl Zeiss Jena... >>