『Shall we Dance ? 』
b0045044_20407.jpg

Shall we dance? 観てきました。
周防監督のオリジナル版は大好きな映画なので、はたしてハリウッド版は
どんなテイストになるのか、すごーーく興味津々で観に行ってきました。

最初、ハリウッドでリメイクが決まったとき、なんと言っても一番気になったのが
配役。日本のオリジナル版は、主役・脇役どの役も「ピッタリ!」と思える絶妙な
配役だったので、それをハリウッドでは誰がやるのか、(誰ならできるのか)
一番の感心ごとでした。

オリジナル版で役所広司が演じた主役の中年サラリーマンにはリチャード・ギア。
ただし、ハリウッド版では遺言書作成専門の弁護士で、生活もリッチ。
でも、日々の生活に幸福を感じながらも、どこか埋められない心の空白を持って
いる中年男性という設定は同じ。
もうね、ホント素敵でした。ギア様。
高校生のとき、『愛と青春の旅立ち』を見て以来、ずっとあの笑顔の虜です(笑)

オリジナル版で草刈民代が演じたダンス教師役は、ジェニファー・ロペス。
「えぇーー?!ミスキャストじゃん?」と、観る前は思ってました。
私の中で、ジェニファー・ロペスは「ダンサブルなシンガー」のイメージ。
でも、彼女はもともと女優さんだったのですね。
上品でちょっと高慢で、それでいて過去の挫折感をひきずる陰のある演技。
草刈民代さんとは、まったく違うイメージだけど、とても良かったです。
ギアとタンゴを踊るシーンは圧巻です。さすがラテン系。

他の脇役の俳優さんたちも、竹中直人や渡辺エリ子や柄本明には及ばないまでも
個性的でそれぞれ光ってました。

ストーリーはほぼオリジナル版通りなのだけど、アメリカならではなのか
やっぱり夫婦のあり方・絆について深く掘り下げてますね。
主人公の心の空白を、彼ひとりのものとせず、夫婦の問題として描いている。
そして、オリジナル版にはなかった夫婦の愛を確かめあうおしゃれで素敵なシーン。
これは、ギア様だからこそのシーンでしたね。
ホント素敵。涙ぼろぼろでした。

全編を通じて、私ずっと目がウルウルでした。
笑いのシーンでも。ダンスレッスンのシーンでも。
リチャード・ギアの無邪気な笑顔、はにかんだ笑顔、優しさ溢れる微笑、
妻に想いを告げるときの切ない表情・・・・・。
あぁ、とにかくリチャード・ギアにKOです。
もう一回観たい!!
[PR]
by varex | 2005-05-15 20:06 | 映画
<< Carl Zeiss Jena... 桜 その4 >>