君によむ物語
b0045044_2228291.jpg

『君によむ物語』を観てきました。
「マディソン郡の橋を越える純愛物語」という宣伝文句だったけど、
うーーん、正直ほとんど涙は出ませんでした。
もちろん、ウルッと来るところはあったのだけど。
ちょっと前半が退屈というか・・・・。
もう全国的にロードショー終わってるみたいなので、ストーリーを
明かしちゃうと、とある老人病院で老紳士が同じ病院の入院患者の女性に
物語を読んであげる。その物語は若い男女の情熱的なラブストーリー。
で、この若い男女のラブストーリーが映画の大半を占めるのだけど、
これがあんまりおもしろくない。(私的になんですが;)
で、実はこの物語は読んでいる老紳士と聞いている老婦人との半生記。
このふたりは夫婦なのね。
でも、女性は痴呆症で過去の記憶がないばかりか、目の前にいる男性が
自分の夫だということがわからない。
子供や孫が訪れても、家族だとわからない。
物語をずっと聞いているうちに、一瞬正気に戻り、この物語が自分たちの
物語だとわかり、夫と愛を確かめ合う。
でもそれはつかの間で、またすぐに彼女のスイッチは切れ、夫を他人と思い
彼を拒絶する。そのときの夫の落胆の表情が哀しい。ここ泣けます。
そしてラストシーン。これは・・・やっぱりハッピーエンドなのかな。
すごい愛の奇蹟が起こっちゃうのだけど、「ありえない!」と思いつつ
やっぱり泣けます。

この映画、夫婦で観るといいですね。それも、長年連れ添った熟年夫婦。
こんなに一途に愛し愛されたら、こんな終焉を迎えられたら、それまでどんな苦難が
あったとしても、幸せな人生だった思えるんだろうな。

老夫婦役のジーナ・ローランズとジェームズ・ガーナーがすごくいいだけに、
もっと老夫婦の現在を多く描いて欲しかった・・・。
そのほうが映画に深みが出たと思うんだけどな。
ヤングなカップルのラブストーリーについていけなくなった私のヒガミでしょうか(笑)
[PR]
by varex | 2005-03-11 22:34 | 映画
<< 旅立ちの日に シーズン突入 >>