造形美
b0045044_15422582.jpg

2台目のエキザクタ。仕様面では、いくつかのマイナーチェンジによる違いはあるけれど、
それほど大きな違いではなく、使用感としては1代目と変わりはない。
それではなぜ、わざわざほとんど同じカメラを1台目の5倍もする値段で購入したのか。
単に美品だったから、欲しかったレンズがついていたから・・・・ではありません。

1台目との大きな違いは、このボディ前面の『Exakta varex Ⅱa』のロゴ。
これが美しいレリーフになっているのです。
全体のバランス、このレリーフのロゴ。気品あふれる見事な造形美です。

カメラは写真を撮るための道具。装飾品ではありません。
発売された当時は、確かにカメラは高級品だったと思います。
それでも、華美な装飾ではなく、使い勝手を考えた上での造形美。
このカメラを開発した製作者の感性に、とても心惹かれます。

使い捨てられていくものに、美しさを感じません。
飾っておくだけ、しまっておくだけのものには魅力を感じません。
使ってこそ輝く。”道具”の持つ美しさが好きです。
だからこそ、大切に使いたい。守っていきたい。受け継いでいきたい。
そういう気持ちになるのですよね。
[PR]
by varex | 2004-12-20 15:45 | EXAKTA varex
<< 新年 2台目のエキザクタ >>