クラカメ
b0045044_16242823.jpg

再びローライで撮った画像ですが。
ローライやベッサで写真を撮り続けていくうちに
私の中で、またふつふつと”あの”カメラに対する憧れが蘇ってきたのでした。
カメラ雑誌のクラカメ特集や、ネットで調べた結果、”あの”カメラはクラカメの中では
かなりお手ごろ値段で入手できそうなこともわかってきたし。
一番のネックは、やはり操作性らしいのだけど・・・・
この時点で私はまだ”あの”カメラの実物を見たことも触ったこともなかったので
とにかく一度、この手に持ってみなくては!そう決心したのでした。

残暑厳しき晩夏のある日、私のカメラの師匠に同行願い、銀座の中古カメラ屋を
数件ハシゴして、憧れの”あの”カメラ『EXAKTA varex』を初めて手にしたのでした。
師匠もEXAKTAを所有していたことがあったのですが、その使い難さのため、
手放してしまったそうで、この日まわったカメラ屋の熟練(と思われる)店員さんも、
「あれ?えっと・・・こうだっけかな?」なんて言いながらEXAKTAの説明をしてくれました。
ま、場所が銀座ということもあって、市場価格は事前リサーチよりやや高め。
私の欲しいタイプのモデルもなかったので、購入にはいたりませんでしたが、
(同行の師匠も店員もあまり購入を薦めなかったし;)
私の中では、「なんか使えそう!」という、まったく根拠のない自信が生まれていたのでした。

「よし!絶対EXAKTAを買うぞ!」

気づかぬうちに、いや、薄々気づいてはいたけれど、クラカメ沼という泥沼に足を踏み入れてしまっていたのです・・・・・。おそろしや。
[PR]
by varex | 2004-11-21 16:25 | クラシックカメラ
<< オークションにて デジカメ >>