test
http://www.saviesavie.com/
[PR]
# by varex | 2010-08-23 21:25
学習欲
b0045044_1343437.jpg


BessaR +CS35mm

高校1年生の長男。昨日まで中間テストでした。
高校での初めての定期試験ということで 少し緊張しているみたいだったけど
だからといって 必死で勉強するわけでもなく(苦笑)。

長男は (親ばかに聞こえるかもしれませんが) 小学校のときから自分ですすんで
勉強する子でした。自分なりに計画を立て まじめに毎日勉強する子です。
高校は県立高校の普通科ですが 入試後に行われる選抜テストで 「特別進学クラス」に
入りました。これは・・・「試しに受けてみる」くらいの軽い気持ちで受けたテストなのですが
運が良かったのか・・何かの間違いか・・合格。
最初はこのクラスについていけるか とても不安だったようですが 授業はなんとかこなしているようで 「授業内容がすごいよ。まじめにやらないとヤバイ!」と
自分にプレッシャーをかけつつも がんばっているようです。
だからといって 勉強だけじゃなく 部活もやってるし 友達とも遊んでるし 眩しいほどに
高校生活を楽しんでいるようにみえます。

何より羨ましいのが 彼は勉強を楽しんでいること。
もちろん 不得意の国語は受験のとき相当苦労して 泣きが入ったこともあったけど。
最近は漢字にハマって 漢検1級取得目指して勉強してるみたい。楽しそうに。

知らないことを知る・覚える というのは 実は生きている上での何よりの刺激。
「こんな美味しいもの初めて食べた!」
「こんな美しい景色初めて観た!」

初めての「1番」はどんなことでも刺激的。シアワセな気持ちになれる。
勉強も同じ。誰も知らないような難しい漢字が読めたら嬉しい。
難解な方程式が解けたら爽快。
私の知らない(記憶にない?)世界史の話を得意げに話す長男の顔を見る私もシアワセ。

時に 難しくて理解できなくてイライラして投げ出したくなるときもあるだろうけど
学ぶ楽しさ 喜びを毎日体感している彼を 本当に羨ましく思う。

私も・・・学生時代にもっと勉強する喜びを感じていれば。。。。
学ぶには十分な時間と 柔軟なアタマと 体力と すべてがあったあの頃に。

時間も柔軟性も体力もなくなってきたけれど 意欲だけは学生時代より大きくなる。
「お稽古」も楽しいけれど 今は習うより学びたい。
まだまだこれから。勉強したいです。
[PR]
# by varex | 2007-05-29 13:30 | つれづれ
可憐に
b0045044_62595.jpg


Exakta vx + Flektogon 2.8/35

「可憐」を辞書でひくと [いじらしく かわいらしい] 載っています。

「可憐」・・・とは程遠い位置に生まれ育ち今日まできてしまい;
私には縁のないコトバでしたけど(苦笑)

でも 最近思うのです。

「可憐」は私の中では ずっとうら若い乙女・・・のイメージでしたが
女性は何歳のなっても 「かわいらしい」部分は持ち続けているし(持っていたい)
「いじらしい」部分は 年齢・経験を重ねてより生まれることもあるように思うのです。

時と場合によりますが(笑)

芯が強くて 可憐なおばあちゃんになる

これが私の理想で目標です。
[PR]
# by varex | 2007-05-18 06:35 | つれづれ
ゆらゆら
b0045044_22241495.jpg


風にゆらゆら。。
想いにひらひら。。。

揺れて 舞って

でも 落ち着く場所は きっとはじめから決まってる

ゆらゆら ひらひら

「わたしの場所」を求めて 探して

ゆらゆら ひらひら

飛ばされ 揺られて

たどり着く。。。
[PR]
# by varex | 2007-05-15 22:38 | EXAKTA varex
『生きる美学』
b0045044_19501035.jpg


先日 某テレビに出演していた 田中宥久子(たなか ゆくこ)さん。
この方の提唱する「造顔マッサージ」なるものに釘付け。。。

「ほぉぉ!このシミもタルミもクスミも マッサージでなんとかなるっての??!!」

そりゃぁもう。食いつくネタですわ(爆)

その番組内で ゲストの芸能人たちが実際に指導を受けながらマッサージをするのですが
確かにビフォー&アフターには明らかに違いが!
何より この田中宥久子さんが美しい。60を超えているとは にわかに信じがたい美しさ。。

番組はさらっと見て終わってしまったので マッサージをしっかり覚えることはできず。

で。今回の帰省。都会の大型書店になら彼女のマッサージHow to本があるかも??
と何軒か本屋をはしごしたのですが。。。
残念ながら「造顔マッサージ」の本はどこも品切れ入荷待ち状態。
うーーん。あの番組を見て本屋に走った人は私だけではなかったようです;

ということで 田中さん最新刊エッセイを購入。

  田中宥久子 生きる美学
田中 宥久子 / / WAVE出版
ISBN : 4872902955
スコア選択:

「美しさ」とは何なのか とても考えさせられました。
彼女の生きる姿勢がとても美しい。
四季の花々は 毎年美しい姿を見せてくれる。
梅も桜も 褒めてもらうために咲くのではない。
花を咲かせることが 次世代への生の営みだから咲く。
ただただ 一生懸命ひたむきに生きている姿。
だからこそ美しいのだと思う。

自分の人生を 与えられた天命を一生懸命生きている田中さんは美しい。
だからこそ 彼女の言葉には説得力があり魅せられるのだと思う。

読み終えて反省しきり。でも前向きに 私もできることを 与えられたことを
一生懸命がんばろうと思うのでした。
[PR]
# by varex | 2007-05-06 20:15 |
行楽日和
b0045044_20525574.jpg

Exakta vx + Flektogon 2.8/35

ゴールデンウィークです。
ここ秩父は 最近「芝桜」がいろんなメディアに取り上げられ有名になりまして
今の時期 大勢の方が芝桜を見にはるばるやって来るんですね。
この写真は・・・えっと。桜の時期に撮ったので 確か4月の中頃だったと思います。
この時点で5分咲き。今は満開です!
今年はドンピシャで満開時期がGWになったので 見にこられた方は良かったですね。
昨日、今日とも好天に恵まれたため 人出もかなりあったようです。
私も今日は自転車で近くまで行ったのですが 車は大渋滞。歩いて登る人も多く
危なくて自転車も押して歩きました;
ホントに お祭り並みの人込みでした。。。

お祭りといえば。昨日は隣町の小さなお寺の「花祭り」に行ってきました。
ここの副住職さんがと~っても素敵な方で。アートな若者たちの信奉厚く(笑)
本堂では一般応募のアート作品を展示(事前予約で誰でも展示可)
境内ではアマチュアバンドが6組くらいライブ演奏。
空いてるスペースでフリーマーケット。
イマドキなおっしゃれな若者たちがいっぱい集うのですよ。
(何しろこの副住職さんは清志郎好き!)
若者だけでなく 小さな子ども連れや お年寄りも。いろんな人が参加。
チラシや会場設定もみな 協力者の手作りボランティア。
とても素朴で 暖かいお祭りでした。

今年はライブ演奏で獅子舞も登場!
レゲエっぽい(?)バンドだったのだけど そのリズムと獅子舞が絶妙にマッチ!
すごおい面白くて楽しくて素敵でした!
突然の獅子登場に 子どもたちは母の背に隠れて恐る恐る見てる(笑)
b0045044_21131854.jpg

[PR]
# by varex | 2007-04-30 21:13 | 散歩写真
救済
b0045044_22102661.jpg


b0045044_22104830.jpg

Exakta vx + Flektogon 2.8/35


巻き取り途中でぶち切れたフィルムからの救済フォト。。。
初めて暗袋を使って 別パトローネへの巻き取り。やっぱりダメですね。
下のほう・・・露光しちゃってます。
ダメになったのは 6コマ程度。あとはちゃんと現像できたのですが
いやいや。写真そのものが あんまり良くなくて;
無理して現像しなくてもよかったかも。。。

******************************************************

このごろ いろんなことで不安になったり 不満があったり 
そんな自分が嫌で落ち込んでばかり。

私の周りには ポジティブで活動的・積極的な人や 自分をしっかり持った人が多い。
そういう人を見るのは好きだし 応援したくなるし 自分自身の励みにもなるし。
でも 自分に自信の無いとき 自分の中に迷いや不安がいっぱいのとき
そういう人たちを見ると 自分がいっそうちっぽけでダメな人間に思えてしまう。
自分を他人と比べることじたい おかしいのにね。
でも。ダメなんだな。
私はホント 自分の足でちゃんと立っていないなぁ。。。
しっかりしなくちゃ。
[PR]
# by varex | 2007-04-29 22:20 | クラシックカメラ
ようやく桜
b0045044_2292766.jpg


Exakta vx + Flektogon 2.8/35

桜前線は今どのあたりを北上しているのでしょう。
もうそろそろ北海道?
こちらでは 例年ですと5月初めまで桜(ソメイヨシノではありませんが)が咲いている山も
あのですが 今年はもう ほとんどがすっかり花を散らし 葉桜若葉になってるようです。

我が家のスキャナ。久しぶりにPCに接続してみたら 透過原稿フィルム設定で
フィルムを認識してくれない。
一日置いたら 治るかしら。。と楽天的にもう一度繋いだら 今度はいきなり「ダッダッダ!」と
ものすごい音がしまして。。。なんなんでしょうか;
認識どころかずっと赤ランプですわ。うーーん。
これ きっとメーカー送りですねぇ。どうしたらいいんだろ。

そんな話を友人にしたところ 「使ってないから貸してあげるわ~。」とスキャナの貸し出し。
ありがたや~~。。なんだけど。

私の使っていたスキャナはエプソン製。今のももうそんな新しくもないけど この前に使っていたのもエプソン製。
そして友人から借りてきたのはキャノン製。
以前にも この友人宅でこのスキャナを使わせてもらったことがあるのだけど。
どうも・・・このキャノンのスキャナで取り込むと 色が気に入らない。
フィルムを見る限り こんな発色ではないと 思うのだけど。
どうもキャノンさんのは こってり色になる気がします。
何か設定が間違ってるのかなぁ。
[PR]
# by varex | 2007-04-26 22:21 | 散歩写真
さらに悲劇!!
b0045044_1022157.jpg

Exakta vx + Flektogon 2.8/35

今朝は予定外にゆっくりできることになったので ではそろそろ桜写真のスキャンでも。
と思ってスキャナを出してみたのですが。。。。
久しぶりのせいなのか フィルムを認識してくれない。なぜ?
原稿台の設定にして 普通のスキャンはできるのに 透過原稿ポジフィルム設定だと
どうしても認識できず。。。ときどきコマひとつ拾ったりするのだけど。。
なぜ?(涙)

お天気も良く 時間もあって 気分るんるんだったのに
一気にテンション下降です。。。ふーーー。

気分転換に 自転車に乗ってお友達のグループ展でも見にいきましょうかね。。。


******************************************************

写真は昔懐かしい「のこぎり屋根の工場」
今も稼動していtるのかどうかは不明。
秩父は絹織物で栄えた街で かつてはこういった工場があちらこちらに建っていたそうです。
今では現存する工場はほとんどなく 新しい建物の奥に隠れるように廃墟としてあったり。
この写真の工場は 比較的新しいものだと思います。
こののこぎり歯のような屋根が なんともノスタルジックで可愛いです。
[PR]
# by varex | 2007-04-21 10:30 | つれづれ
クラカメの悲劇!
だいぶ暖かくなり 寒さ嫌いで冬場はほとんど冬眠状態のワタクシも
啓蟄のごとく あれもこれも と動き出したくなる今日この頃。
少しずつ 写真散歩も復活。

で。先週あたり当地は桜満開の頃。なんと言ってもフォトジェニックな花。
やっぱりカメラを向けたくなります~。
私は見頃を少し過ぎ はらはら散り急ぐ頃の桜が一番お好み。
4月になってから久しぶりにエキザクタにフィルムを入れ ボチボチ桜撮り。。。
先週の木曜日・・・だったかしら。とても天気が良く「これは桜撮り最後のチャンス!」と
残りフィルムわずかのエキザクタを持って さくらの名所へ。

それはそれは見事な桜。蒼い空に白い桜。ピンクの桜。
もう 嬉しくてエキちゃんでパチパチ。
その時点で たぶんフィルム残量は6枚程度。。。

今時のカメラならば フィルム残量は一目瞭然。デジタル表示でちゃんとカウントされますが
エキちゃんはクラシックカメラ。。。フィルム枚数も装填時に自分でダイヤルで「1」に合わせなくてはなりません。
これがね。。。いつも忘れたりテキトーだったり。。
で。まだいけるかな?いけるかな?と欲かいて巻き上げ。。ギリギリで「グッ!」と固く止まる。
このエキちゃん ここまで巻き上げると危険なのです。。
何度も経験済みなのに。。。。やっちゃいました。

今時のカメラなら フィルムが終わったら自動で巻き戻し。。。
エキちゃんは手動でしなければなりません。
固いのです。グッっと入っちゃうと。。。無理やり巻き戻そうとすると・・・
「ブチッ!」
カメラの中で フィルムがぶち切れてしまうのですーーーー;;

何度か経験済み。そしてこの時点でこのフィルムは諦めていたのですが
今回は今年最後の桜が入ってる!なのでどうにも惜しくてそのままカメラ屋さんへ持ち込み。
「巻き戻そうとして 中でフィルムが切れちゃったんですーー。なんとかなりませんか。」

ところがカメラ屋のおっちゃん。「このカメラ初めて見た。どうなってるのか・・・」
ヘタにいじれないから 自分でやってみれば。。。と
蓋の開くパトローネをくれまして 自分でこれに巻き取ってみて。と。。
家に持ち帰り ダークバックの中でなんとか巻き取り成功。
今日そのパトローネをカメラ屋さんへ持っていったけど たぶんちゃんと現像は無理だろうな。

悔しかったので その翌日もう一回新しいフィルムを入れて同じ場所に行ったのだけど
前日ほどお天気は良くなく 気分も良くなく(苦笑)
今年はあまり気に入った桜写真は撮れてないです。。。ふーー。
クラカメは 焦った気持ちで使ってはダメですね。ホント。

ちなみにその幻の桜日和。携帯カメラ画像です。
b0045044_22374999.jpg

b0045044_22383035.jpg

[PR]
# by varex | 2007-04-16 22:40 | クラシックカメラ